お肌の乾燥対策

寒さ厳しくなる時期です。あなたの地域ではいかがですか。空っ風で乾燥が進みお肌にとって普段のお手入れがより大切な季節になってきました。乾燥肌の方は特に悩まれていると思います。

お手入れの基本として、保湿剤の塗り方を考えてみたいと思います。
保湿はとても大切なスキンケアです。保湿剤によるスキンケアは本来、年間を通して行うことが大切です。

保湿剤の役割
健康的なお肌の方は角質層にバリア機能があり、水分の蒸発や外部からの刺激を防いでくれます。ところが皮脂、保湿因子、角質細胞間の脂質が不足してくると皮膚の乾燥が始まり、乾燥した状態(ドライスキン)になります。角質が剥がれ隙間ができ、外部からの刺激を受けやすい状態になります。

保湿剤は、お肌の水分が逃げないようにバリアーをつくり、お肌へ水分を与える役目をしています。健康できれいなお肌を保つために春夏秋冬に関係なく毎日、保湿剤を塗って美しさを保つためにもスキンケアに努めましょう。

基本的な塗り方
・手を清潔にして、保湿剤を手に取ります。
・保湿剤を、お肌の複数箇所へ点在します。
・指先ではなく手のひら全体をつかって丁寧に広く広範囲に塗ります。
・できれば入浴後5分以内に早めに塗りましょう。
・寝る前に塗りたい方は化粧水や水などで軽く湿らしてから塗りましょう。
・寒い時は先に手にとり、手のひらで温めてから塗りましょう。

保湿剤の選択
保湿剤には「クリームタイプ」「ローションタイプ」「乳液タイプ」「化粧水」「油脂性クリーム」などがあります。
暑い季節はベタツキ感が気になりますね「乳液タイプ」「化粧水」などがおすすめです。寒い季節は「油脂性クリーム」がおすすめです。塗った感じで個人差はあるとおもいますので、あなたの好みにあった保湿剤を見つけて下さい。

使用量の目安
軟膏・クリームタイプは人差し指の先から第一関節まで伸ばした量
ローションタイプは1円玉大の量
※お肌に塗ったあとティッシュペーパーが付き、テカる程度が目安です。

保湿剤利用に際しての注意点
お肌に触れるものです。アレルギーの方もいらしゃると思います。保湿剤を購入して即利用するのではなく、お肌に合うか腕の内側など目立たないところで試してみて、特にアレルギー反応のチェックも行って下さい。

美しお肌が保たれるように日々のスキンケアをお忘れなく!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク