年末年始の適正飲酒10か条

町はクリスマスイルミネーション一色です。この時期どの街角でも各家庭でも道行く人々を楽しませてくれるイルミネーションの花が咲きクリスマスシーズン真盛りで一年のうちでも心躍る季節です。

パーティーも多く外食が増え、年末から年始にかかけて結構、食生活も不規則で暴飲暴食の季節でもあります。あなたも職場や友人とのクリスマスパーティーで普段の食生活に乱れはありませんか。

この時期の過ごし方として
・朝食はしっかり摂り食生活のパターンを変えない努力をする。
・昼食は軽めに過ごし夜の宴会に備える。
・空腹での飲酒を避けるため、野菜サラダやおにぎりで小腹をキープする。
・宴会では最初に枝豆やお豆腐などの大豆たんぱくを先にとる。
・お酒はほどほどに、ほろ酔い気分でストップ
・深夜までの深酒は絶対しない。
・二次会参加は義理を欠く。大先輩は退散、後輩は失礼し退散
・3回に1回は宴会を辞退し、義理を欠く。
・お酒の弱い方は烏龍茶で乾杯する。


・どうしてもとなったらコンビニで二日酔い防止に効く栄養ドリンク準備
・終電、家庭事情で早帰り、言い訳全開でOK、早めの帰宅を徹底する。

最後に翌日のフォローが大事、義理を欠いた分は翌日にしっかりと大先輩、友人、後輩へのフォローを必ず行うこと。人生なにごともコミュニケーションが大事です。人生楽しく美味いお酒を召し上がって下さい。

以下、参考までにご覧ください。

アルコール医学研究会より一部抜粋

「適正飲酒の10か条」
・談笑し 楽しく飲むのが基本です
・食べながら 適量範囲でゆっくりと
・強い酒 薄めて飲むのがオススメです
・つくろうよ 週に二日は休肝日
・やめようよ きりなく長い飲み続け
・許さない 他人(ひと)への無理強い・イッキ飲み
・アルコール 薬と一緒は危険です
・飲まないで 妊娠中と授乳期は
・飲酒後の運動・入浴 要注意
・肝臓など 定期検査を忘れずに


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク