幻のブランド


世界三大豚として注目を浴びている。沖縄県産豚のことを「アグー豚」と言い、琉球王朝時代には、王府より牛・馬の肉は食べないようにとのお達しが出たため、逆に豚文化が一般に定着したと言われています。

その中で在来種の豚アグーが食べられたいましたが戦後の混乱期にアメリカ原種の豚が多く沖縄県内にもちこまれ在来種のアグーは淘汰され絶滅の危機に瀕し「幻の豚」と言われていました。とても貴重な豚です。現在の沖縄ブームの中で関係者の努力により逆交配を重ね元の原種に近く蘇った幻の豚です。

アグーは長い顔、たれた耳、太く短い足などの原種に近い黒豚です。低コレステロールで柔らかく、甘みや旨み成分が多く含まれています。その美味しさはスペインのイベリコ豚、中国の金華豚と並び賞賛されています。但し、1頭あたり出産頭数が少なく肥育日数も長くコストが一般の豚より多く入手に時間がかかり希少さが増しています。
沖縄県内での主な生産業者は我那覇畜産となっています。那覇市内に複数店、生産地の名護市でも複数店を構えているようです。観光ルートとして一度は食されることをお勧めいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク