糖尿病の三大合併症とは

糖尿病とは?最近日常的に耳に入ってくる言葉ですね!
実際、糖尿病が引き起こす疾患てどの様なものがあるのか確認します。
なかでも糖尿病の三大合併症と言われている「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」「糖尿病神経障害」が有名です。これらは糖尿病特有の合併症で、毛細血管に障害が起きるなどの原因で発症します。 また、糖尿病罹患後、数年を経て発症し、徐々に悪化するという特徴があります。

その中で「糖尿病網膜症」について学習したいと思います。糖尿病の中で失明のリスクをもった病気となります。具体的には血糖値が高い状態が続くと血管に大きな負担がかかり、血管がもろくなったり、つまったり、変形したり、出血をおこすこともあります。このような高血糖状態が網膜に影響を及ぼす病気です。
最初の段階では自覚症状はなく、病気が進行すると目に出血が広がり、かすみや黒いかげなどが見えることもあるようです。

発症しやすい人はと?
・血糖値が高い方(前に高かったことがあった)
・糖尿病の病歴が長い方
・血圧が高い方

ならないためには?
・血糖値のコントロールを徹底する。
糖尿病と診断されたら早めの血糖値コントロールを始めましょう。
・血圧のコントロールを徹底する。
糖尿病の方は高血圧になりやすいため「糖尿病網膜症」の発病リスクを減ら
すためにも早めの血圧コントロールを始めましょう。
・早期発見と早期治療を開始する。
血糖コントロールを早めに開始し、日常生活での管理を徹底することによ
り、視力低下や失明の不安を取り去り、質の良い生活を送れることが十分に
期待できます。
・眼科医の定期受診
糖尿病と診断されたら眼科医を受診しましょう。定期的に受診することによ
り「異常なし」の言葉を医師から頂くことにより心の安心を得ることです。
また異常がなくても定期受診を受けることにより、小さい異常から早期発見
につながり早めの治療が行えます。

ある程度の規模の病院であれば糖尿病センターを併設している病院もあります。是非、ご自分で地域の信頼がおける糖尿病センターを確保することをお勧めいたします。

※糖尿病についての詳しい情報掲載→糖尿病情報センター
※専門医検索サイト → 日本糖尿病学会

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク