フランスではタンポポは食材に

ヨーロッパや特にフランスではタンポポの葉を野菜として利用しているようです。日本では若い葉をお浸しにしたり、根をきんぴらごぼう風に料理して食べることがあると思います。どちらかと言うと山菜のイメージでしょうか。

タンポポの仲間は世界中で薬用植物として利用されていたようです。ヨーロッパでは根を健胃薬として、中国では草を健胃、解熱、強壮薬などとして利用されているようです。

日本では漢方薬として乳汁分泌不足の改善などに利用され、近年のマウス実験などで発がんの発生を抑制する効果の研究も進んでいるようです。まだまだタンポポは人間のためになる。未知なる効能効果があるのではないでしょうか。これからの専門家の方々の研究の成果発表が待たれますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク