糖尿病の基礎知識

糖尿病てどんな病気?

一般的に糖尿病とは血液中のブドウ糖(血糖)が過剰になった状態が長く続く病気です。
食べ物が消化されて作られるブドウ糖は、腸管から吸収されて血液中に入ります。そして、すい臓で作られるインスリンというホルモンの働きで、細胞に取りこまれエネルギー源として使われます。

インスリンは血糖を調達する重要な役割をになっています。インスリンが不足すると血液中のブドウ糖が過剰となり高血糖状態になります。

インスリン不足には「インスリンを作る力が弱る場合」と「効きが悪くなる場合」があります。糖尿病患者とその予備軍てどれくらいるのか?

厚生労働省の平成24年度資料によると約2050万人と言われてます。
詳しくは厚生労働省平成24年度国民健康・栄養調査をご覧ください。

現代社会は欧米化の食習慣もあり、食べすぎ・飲みすぎ・運動不足・ストレスなど糖尿病になりやすい環境が目の前にある状況です。日々の生活習慣を見直してみてはいかがですか。
健康診断での結果や普段から気になる方は早めに医師に相談されることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク